痔とは?痔の種類やその原因は?

 

 

「痔」とは、肛門部分の病気のことです。
その種類は主に3種類あり、どれも症状や原因すべて変わってきます。

 

そもそも「痔」の主な原因は、肛門に負担をかけすぎている事。
その原因を中心に3種類の「痔」を紹介していきます。

 

いぼ痔

痔の中でも1番多く見られるいぼ痔、そのイボ痔には2種類あるんです。

 

内痔核:トイレの長い場合や排便時のいきみが強い方はの、肛門のクッション部分に負担がかかってしまったり、血管の周りがうっ血し、内にイボができてしまいます。
他にも、妊娠や出産をきっかけでなる場合や、長時間同じ姿勢で座っていると子宮が圧迫されてうっ血してしまい、内痔核ができる原因になります。

 

外痔核:アルコールや辛い物を摂取しすぎると、肛門にダメージを与えて、外にイボ痔が出来る原因になってしまいます。
そして、下痢も肛門に刺激を与えるので、下痢になってしまうと外痔核の原因になり、うっ血が起こり血の循環も悪くなり、イボの症状も悪化します。

 

切れ痔

痔の中でも、最も痛みの激しい切れ痔。
切れ痔は、肛門の皮膚が硬い便を無理やり出すことによって、肛門周辺が傷つけられてしまう人です。
また、肛門が狭くなっている人は、切れ痔になりやすいんです。
慢性的な下痢の場合も、水分の多い粘膜が肛門を通る場合皮膚の粘膜が弱くなってしまい皮膚の粘膜が弱まって切れてしまう原因です。
比較的女性に多くみられます。

 

あな痔

あな痔は、男性によく起こる痔です。
主に、下痢など水っぽい便が、肛門陰窩という小さなくぼみに入ってしまい細菌感染して起きます。
ストレスや免疫力など、精神的なことが原因で、あな痔になる場合もあるんです。
最近では、肛門の中に水が入り同じ状態になってしまうため、温水便座を使用する方に多く出てきています。